早漏・遅漏と中折れ、EDの関係

カップル中折れやEDははっきりとした自覚症状があるとは思いますが、早漏や遅漏については、はっきりと自覚している人は少ないでしょう。

それでもやはり早漏や遅漏は中折れ・EDと同様に男性の性に関する大きな悩みの一つになっており、日々男性を苦しませています。

中折れやEDが勃起力の問題なのに対し、早漏・遅漏は射精力の問題です。

問題を抱える部分は違いますが、完全に別のモノとして扱うべきではありません。
お互いに密接に関係し合っていると考えていたほうがいいでしょう。

早漏や遅漏の悩みが中折れやEDに繋がる!?

男性特に、心理的な面で早漏・遅漏と中折れ・EDは深く結びついています。

例えば早漏男性の場合、「いつもイくの早いよね」とポロっと彼女に言われたりでもしたら、それが心のダメージとなって中折れやEDを発生してしまうこともありますし、

言われなかったとしても、もし本人が自覚していて負い目を感じていたら、それがメンタルに影響して中折れやEDになってしまったりします。

他にも、射精までが遅すぎて女性があまり感じなくなり、それを見て自信を無くして中折れやEDを発症するパターンもあります。

つまり、早漏や遅漏という症状に対してネガティブな感情を持ってしまったらそれが心因性EDへとつながるのです。

逆を言えば、どんなに早漏でも本人が自覚していなくて、パートナーも大して問題ないのであれば、治療の必要はないですし、そこから中折れやEDに発展する可能性も低いと言えます。

このように早漏・遅漏というのは中折れ・EDと深く関わっています。

ED治療薬は早漏に効くのか

潮早漏にはED治療薬が効果的という意見がネットにはちらほらありますし、まったく効果がないという意見も同じようにちらほら見かけることがあります。

これに関して言えるのは、どっちも正しいということです。つまり半々ということですね。

ED治療薬というのは勃起を補助してくれる、つまり勃起力に関する問題を解決してくれる薬であるので、基本的には早漏には効き目がないとされており、

そもそも早漏改善を目的として作られていないので、ED治療薬で早漏を治そうとするのはあまり得策ではないかもしれません。

しかし、ED治療薬を利用している人の中には早漏が治ったという声も見受けられます。

ED治療薬はペニスがパンパンになるぐらい勃起はしますが、感度が少し鈍るので、それによって早漏が治るというのです。

しかも、3大ED治療薬のひとつであるレビトラに関しては海外で臨床実験が行われ、早漏改善効果があったという報告もあり、科学的な根拠もある程度は認められます。

中折れ・EDと早漏の両方を治してくれるハイブリット薬

手実は、中折れ・EDと早漏の両方を改善してくれるハイブリットな薬が存在するんです。
先ほど、ED治療薬が早漏に効くか効かないかについては半々と言いましたが、あれは純粋なED治療薬に限った話であり、それとはべつにこのハイブリットな薬は中折れ・EDだけでなく早漏改善も期待できる薬になっています。

これらハイブリットな薬は、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの主成分+早漏改善成分という作りになっています。

(商品例)
・スーパーカマグラ…バイアグラの主成分であるシルデナフィルと早漏改善成分のダポキセチン。

・エクストラスーパータダライズ…シアリス主成分のタダラフィルと早漏改善成分ダポキセチン。

早漏だけでなく、中折れやEDにも困っているという方はこれらハイブリットな薬の利用をオススメします。

早漏用の改善薬

また、早漏だけで悩んでいるのだとしたら、ED治療薬やハイブリット薬ではなく早漏改善薬がオススメです。
早漏改善だけに特化しているので、効果は抜群でしょう。

ED治療薬などが錠剤タイプしかないのに比べ、早漏改善薬はクリームタイプやスプレータイプ、霧吹きタイプなどがあったりして、自分のセックスライフに合わせた使い方ができます。

早漏だけというのなら早漏改善薬にしましょう。

ED治療薬は遅漏に効くのか

カップルさて次に、ED治療薬は遅漏に効果的なのか、についてですが、
ED治療薬が早漏改善に見込みがある、つまりED治療薬によって射精を遅らせることができるということは、ED治療薬は遅漏には効果がないと言えますね。もしかすると遅漏を悪化させてしまう可能性もあるかもしれません。

よって、ED治療薬は遅漏には効かないと思った方がいいでしょう。

遅漏は性に関する問題の中でもその基準が難しく、人によってまちまちであるのが現状なので、それぞれの遅漏の原因を探って(過剰オナニーや、精力減退など)、それぞれの解決策を見つけるしかなさそうです。

早漏・遅漏も中折れやEDと同様、早期解決が重要

医者早漏に関しては、ED治療薬にて改善効果が見込めることがわかったと思います。早漏と遅漏では早漏の方が中折れやEDとの関連性が高いと言えるでしょう。

一方遅漏はED治療薬などでの改善は見込めません。
しかし、中折れの原因は遅漏によるものだったりするので、関連性については早漏同様に高いです。

ということで、早漏・遅漏ともに中折れ・EDに深く関連しており見逃せるものではないので、勃起自体は問題ないから大丈夫と油断するのではなく、これからなるかもしれないという危険性も考え、なるべく改善するように行動しましょう。

投稿日:

Copyright© 中折れ・起たない男のためのED治療薬 , 2017 AllRights Reserved.