中折れ、起たない原因~40代中高年~

中折れの男性中折れとは「ペニスが起たないこと」とイメージできると思いますが、具体的な症状は分からないという方が多いと思います。中折れは男性のペニスに関する問題であり、症状に自覚した段階で早めに治療や予防を行うことが大切です。

こちらでは、中折れに関する情報をピックアップしてみました。中折れを改善するためにはまずは知識を身につけることが大切です。なぜペニスが起たないのか?どこからが症状なのかを知り、しっかりと治療や予防を行っていきましょう。特に高齢者の方は症状に注意する必要があります。性欲はあるけど、ペニスが起たない場合は症状を発症させているかもしれません。

 

中折れ、起ちにくいのはEDだから?

男中折れは膣内でペニスが萎えてしまうEDのひとつです。しかし、一度中折れを経験してしまったからといってEDというわけではありません。男性のシンボルであるペニスは非常にデリケートな部分であり、ちょっとした体調不良の影響で起たなくなってしまいます。仕事の疲労、風邪や花粉症、腹痛による下痢、高熱など体調が悪いと当然ペニスの機能も低下します。そんな体調の悪い日に性行為を行っても、中折れを起こしたり、ペニスが起たないまま性行為を終える事が多く、やはり体調が悪い時はしっかりと体を休めるということが大切ということです。

またペニスが起たない、中折れしたくないと言った理由で、体調が悪い状態でED治療薬を使用してはいけません。体が不調な状態で薬を飲んでしまうと副作用の発症率を高めてしまいます。副作用を発症させてしまうと、当然性行為に集中することができず、ペニスが起たないという状態を作りやすくなってしまいますので、薬を飲むなら体調を万全に整えてから使用しましょう。

現代のED事情

中折れなどのEDという症状は、もともと40代50代の男性の発症率が高い症状でした。しかし、近年では20代と30代の若い男性の発症率が高く、性行為をしない男性が増えたため、EDを発症させるケースが増えてきています。

そのため、EDを改善するために薬を買うユーザーも増え、ED治療薬は一部の男性だけのものではないと認識されてきています。日本国内では4人に1人がEDを発症させています。軽度な症状で悩む男性を中心に患者が増えており、働き盛りの男性の半数がペニスが起たないという問題に頭を悩ませているというデータもあります。

若い人と同じように中高年の患者も増えている

若い方と同じように40代50代と中高年の発症率も高くなってきています。特に50代の発症率が高くなり、なかでも中折れの発症率が高いというデータもあります。現在、40代50代の方で中折れを経験されているという方は、症状の疑いがあるかもしれませんので注意しましょう。

EDの特徴

EDと中折れ中折れも特徴の一つですが、症状には様々な程度やケースがあります。ペニスが勃起しにくい、たまに起たないという場合は「軽度なED」と認識されています。ときどき勃起がおこらない、中折れするというものが「中程度のED」となります。性的な興奮や刺激を感じてもペニスが起たない、マスターベーションは問題ないがパートナーに対してペニスが起たない場合は完全に症状を発症させている状態です。

中折れを経験されている男性、5回に2、3回にペニスが起たないという男性は特に注意が必要であり、そのままだと完全にEDを発症させてしまいます。また上記以外にも40代50代の中高年の年代になるとペニスの機能の低下によってEDを発症させることもあります。

 

ED以外の中高年が抱える悩み

男性の場合、年齢を重ねるとED以外にも体の様々なところが気になり、色々と頭を悩ませることが多くなります。中折れやペニスが起たないだけではなく、女性とは違った男性特有の悩みに関する情報もピックアップしてみたので、こちらも是非チェックしてみてください。

 

抜け毛、白髪(頭髪系)

抜け毛EDと同じように中高年が気になる悩みといえば、見た目に関することです。特に頭皮に関する悩みがある男性は多く存在します。プライドが高い男性にとって抜け毛や薄毛といった見た目の問題はEDと同じぐらい非常にデリケートな問題です。近年ではAGAと呼ばれるようになり、抜け毛や薄毛に対応した病院等も増えてきています。若い時はフサフサだった髪の毛にボリュームがなくなったり、頭頂部や生え際が薄くなってしまう姿を見ると気分も落ち込んでしまいます。

また抜け毛と薄毛と一緒に白髪が気になるという男性も多くいます。白髪というイメージは「自分が年を取った」というイメージに繋がり、気分的にも落ち込んでしまいます。抜け毛や薄毛といった問題はストレスに繋がります。ストレスは抜け毛や薄毛をさらに加速させ、さらにはEDを引き起こす可能性も高くなりますので注意が必要です。

 

しわについて

しわ女性と同じようにお肌に関する悩みがある男性も多いのではないでしょうか。若い時はぴちぴちな肌を持っていたのに年を取るとしわやしみ、お肌の乾燥などが気になってしまいます。

特にしわが多いと見た目よりも老けてみられることもあり、若々しい肌を手に入れたいと最近では男性がスキンケアをするということも増えてきています。原因を調べ、早めに対策を行うことでしわ予防を行うことができますよ!

 

腰痛(関節系)

腰痛体が衰えると関節痛や腰痛など、骨に関する悩みも非常に多くなります。特に腰痛を発症させると歩行が困難になってしまいます。猫背のように腰が曲がった状態というのは、年齢以上に高齢に見られることが多く、

また痛みが日常生活に大きな影響を与える可能性もあります。痛みを放置していると、より重度な腰痛や関節痛となり新たに病を引き起こす可能性もあるため、早めに対策を取ることが大切です。

まとめ

EDという症状は年齢に関係なく発症する症状と認識され始めています。特に若い方は性に対する意識を高め、性行為ができるパートナーを見つけることが大切です。また40代50代となると体の機能が衰えていきます。衰えがはじまるとEDだけではなく、体の様々な機能が衰えはじめ、腰痛や関節痛などの痛みを発する場合があります。特にEDはペニスに関する問題であり、ペニスが起たないということは血管機能が低下しているということでもあるため、早めにED治療薬等で改善を行うことが大切です。

投稿日:

Copyright© 中折れ・起たない男のためのED治療薬 , 2017 AllRights Reserved.