勃起のメカニズム

中折れペニスが徐々に起たなくなる中折れもEDという勃起力が失われる症状のひとつです。男性にとってペニスの勃起というのは生きるために必要な機能であり、女性に対して性を感じる瞬間でもあります。

一般的なイメージだと勃起やペニスという言葉はアダルトな印象があり、言葉として話すと抵抗があるという方が多いと思いますが、遺伝子を残す生き物にとって、とても重要なことです。

こちらではそんなペニスの勃起に関する情報をピックアップしてみました。

中折れやEDなど、ペニスが起たないという症状はを改善するためには勃起に関するメカニズムを知ることが大切です。ぜひ、チェックしてみてください。

勃起には2種類ある

ナース勃起のメカニズムには2種類あります。

ひとつが「中枢勃起」と呼ばれるものであり、脳の機能で起こる勃起のことです。

もうひとつが「反射性勃起」と呼ばれるものです。こちらはペニスに刺激を与えることで起こる勃起です。

どちらも勃起を引き起こすために必要な機能であり、中折れやEDを改善するために必要な情報です。ぜひ、チェックしてみてください。

中枢勃起について

女性「中枢性勃起」とは心理的な刺激によって起こる勃起です。
女体やアダルトな想像、性的なイメージなど、ペニスを直接刺激するのではなく、人間の五感である「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」で感じる性的興奮によって起こる勃起のことを指します。

五感によって性的な興奮を感じるとその情報は「大脳皮質」を通り、視床下部にある性中枢へと送られます。

性中枢から「勃起に関する信号」が出され、その信号が脊髄内の勃起中枢を刺激するとペニス内にある海綿体の空洞に大量の血液を送り始めます。

その大量の血液によって、ペニスは勃起するというのがメカニズムです。

反射性勃起について

カップル反射性勃起はペニスを直接刺激することで起こる勃起です。

マスターベーションやペッティングなどでペニスを刺激したり、自転車や自動車など下半身に振動を受けたりすると脊髄内の勃起中枢が刺激を受けることがあり、その刺激によって反射性勃起が起こります。

また椅子に長時間座っている場合でも反射性勃起が起こることがあります。
反射性勃起も情報が大脳資質を通り性中枢から海綿体と中枢勃起とメカニズムは同じです。

勃起になる仕組み

男性ペニスの勃起は大量の血液を陰茎に流すことで起こる機能です。
そのため、血液の循環が悪いと勃起力が失われ、結果的には中折れやEDといった症状を発症させてしまいます。

ペニスの陰茎という部分は非常にデリケートであり食事を摂取するだけでも大きく影響します。食事を摂取すると胃や腸、肝臓の循環が大きくなり、他の血液循環が減少します。

特に影響を受けるのがペニスであり、満腹時には一時的な勃起不全になります。また食事以外にもストレスも勃起に影響を与えてしまいます。
つまり、勃起力を高めるためにはストレスをしっかりと解消する。食べ過ぎないことが大切です。

神経について

神経人間に必要な神経といえば「自律神経」です。
自律神経が乱れてしまうと健康に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
ペニスに関しても、この自律神経はとても大切な存在です。
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」が存在します。

これらがバランスよく活動することで人間は日常生活を送ることができるといわれています。

交感神経は主に昼に活動する神経であり、緊張や興奮状態に活発になる神経です。
副交感神経は夜に活動し、リラックス状態時に活発になる神経です。

ペニスの勃起時にもこの交感神経と副交感神経がバランスよく活動することで射精を行うことができ、この神経が乱れると中折れやEDといった症状を発症させてしまいます。

自律神経の乱れに注意

うつ交感神経も副交感神経も自律神経の一部です。
自律神経の乱れは中折れやEDといった症状だけではなく、うつ病などの精神疾患を発症させる可能性も高くなります。

中折れやEDを発症させるとその事実が自信喪失に繋がることがあり、結果的に自律神経の乱れに繋がることもあります。
現在、中折れやEDの疑いがある方は自律神経の乱れを防ぐためにも早めに予防や治療を行うことが大切です。

また中折れなどのEDの症状はうつ病を見つけるサインにもなります。
現在、EDのせいでストレスを受け続けているという方は、一度精神科や心療内科で診察を受けても良いかもしれません。

まとめ

医者男性にとって勃起は当たり前のことですが、そのメカニズムは体内の様々な影響で起こる大切な機能です。

一般的なイメージだと恥ずかしいと感じてしまう機能ではありますが、中折れやペニスが起たないといった症状と深く関係しているものです。

そのメカニズムを知り、血液循環を良くする運動やED治療薬を使用し早めにEDの予防や治療を行うことが大切です。

現在、中折れなどで悩んでいる方は「恥ずかしいから」と症状に対して目を背けるのではなく、しっかりと向き合い改善していきましょう。

更新日:

Copyright© 中折れ・起たない男のためのED治療薬 , 2017 AllRights Reserved.